何を持っていけばいい?

初めてのスタジアム観戦、何を持って行けばいいのか迷いますよね。

もちろん、手ぶらでも楽しめますが、持っていると試合観戦がもっと快適になるアイテムが有るんです!

このページでは、僕がいつも持って行く、おすすめの持ち物を紹介しています。

目安は、★3つは、僕か必ずもっていくもの、★2つは状況により必ずもっていくもの、★1つは気分によって持っていくものです。

たったままの待ち時間もありますので、持ち物が多すぎるのも考え物ですが、楽しく準備していきましょう。

いいねー! 1いいねー!されています。心に留まったらハートをクリックお願いします。励みになります!(ログイン不要/完全匿名)。
読み込み中...

必須なもの(僕の場合)

スタジアムチケット /SOCIOカード ★★★

これがないと始まりません。必須度超S級。ゲート前で「チケットがない?ハア、アリエナイんですけど~!」と喧嘩しているカップルを見かけたことがあります。何はなくとも、出かける前に3回はチェックしましょう。

※ 最近は、QRチケットになりましたが、必須であることは変わらず。入場時に慌てないように確認しましょう。

味スタは席数豊富なので、自由席が完売することは少なく、最悪当日再購入も可能ですが、重要な試合では自由席完売ということもあります。金額面でも前売り券購入がベター。

なお、前売り券よりももっとお得なチケットが存在します。それは、別の記事で。

帽子 ★★☆

味スタのバック席は西を向いており、午後の直射日光にさらされます。冬でも容赦ありません。帽子なしではまぶしくて選手が見えません。実際にたくさんの人が手をかざしながら観戦しています。写真のようなつばの長いキャップタイプがおすすめ。

帽子
つばが長いところがポイント。これだけ長いのはなかなか見つからない。

サングラス ★★☆

色が変わる、面白サングラス

帽子同様に、これ有り無しで観戦の快適度に大きな違いがあります。西からの直射日光の眩しさカットして、選手がくっきり見えます。目を保護する目的でも着用しています。

あぬらた は、JINSのUV光に反応して透過度が変わる、度付きサングラスを使っています。眼鏡とサングラスが一つで済むので、荷物が減らせます。うすい色付きが、結構怪しい見た目になっちゃうのが玉に瑕。

ポータブルラジオ ★★★

ホームゲームでは、地元のローカル局である調布FM (83.9MHz)で試合の実況番組が放送されます。

スタジアムはピッチまで遠いため、残念ながら何が起こっているのかがわからないことがあります。そんなときに、ラジオの実況が役に立ちます。また、試合の展開や両チームの狙いなど、目の前で起こっていることを理解するにも有効です。相手選手の名前も耳から入ってくるので、観戦を邪魔しません。

初心者には結構おすすめかも。

このように、スタジアムの雰囲気を五感で味わいつつ、実況&解説によるプロの情報を得ることができますので、観戦体験が立体的になります。スタジアム観戦とテレビ観戦のいいとこ取りのようなもの。観戦初心者の方にこそおすすめしたい観戦方法です。にわかの あぬらた にとっては必須アイテムの一つです。

また、試合直前2時間前には、同ラジオ局で応援番組「TOKYO12RADIO」が放送されます。試合に臨む選手の声が聴けるので、おのずと気持ちが盛り上がります。(この時間にイヤホンしている人をみかけると、同志!と思います。)

スマホのサイマルラジオで、調布FMを聞くことができますが、数秒の遅延があるので試合実況を聞くには向きません。実況を聞きたい場合は、おとなしくポータブルFMラジオを買いましょう。安いのは2000円くらいで購入可能です。

双眼鏡 ★★★

スポーツ観戦向けの双眼鏡。味スタは、総合競技場のため残念ながらピッチまでの距離が遠く、選手が豆粒(大げさだけど)に見えます。

主には、アクシデントで試合が止まったり、FK(フリーキック)の前の緊張感があるポジション争いの時、ベンチの監督の様子など、細かい表情をみるために使っています。例えば

  • 接触して倒れ込んだ選手の様子
  • 外国人選手がイライラしている様子や審判にすごい剣幕で抗議
  • 遠目にはラフプレー後に小競り合いをしているようにみえて、笑顔でじゃれあっている高萩と相手選手
  • そういう時間の隙に、森重と丸山が身振り手振りしながら真剣に相談
  • 後半終了まぎわに、さすがの永井が走りつかれている表情
  • 自分がラフプレーで倒したのに、抗議する森重の頭を叩いてなだめる戸倉(殺気!)

そうやって、双眼鏡をとおしてピッチ上の機敏を感じるのが楽しいです。自分の観たいところをいつでも観られるスタジアム観戦だからこそ、寄ってみられる双眼鏡は重要だとおもいます。

あぬらた は、ほどほどの倍率(8倍)明るく(9.6)かさばらず(折り畳み)軽い(300g)ものを選びました。いちいち眼鏡をはずす必要がないアイレリーフ21mm!!)という点で、このモデル一択でした(2018年3月時点)。眼鏡の方はアイレリーフの値にこだわると確実に幸せになれます。値段はそれなりにしてしまいますが、利用回数を考えればコストパフォーマンスは悪くないと思います。

タオルマフラ ★★★

CSM プレゼントと自前で買ったタオル(後ろ)

寒くてユニフォームが着られなくても、これだけは、着用したいです。首に巻くのが定番ですが、いまだに巻き方がよくわかりません。僕は、ふつうに正面でふつうに結んでいますが、ダサいです。結ばないと風呂上がりのおじさんみたいになります。難しい…

また、試合前の「 ユルネバ 」熱唱時に掲げるのも重要な利用方法です。スタジアムの一体感を感じるためにも、必須アイテムです。

まずは、クラブサポートメンバ2口でもらえるCSMタオマフで十分です。公式ショップに行くと様々なデザインや選手のものがありますので、お気に入りを追加で購入しましょう。

折りたたみクッション ★★☆

スタンドの椅子は固いので、長時間座るのには向きません。また、寒い時期はお尻が冷たくなることもあります。快適に観戦するために、このような携帯用クッションがオススメです。100均でも見かけます。

(レプリカ)ユニフォーム ★★☆

観戦の非日常感をもりあげる変身アイテム。着ると気持ちが入ります。

なんですが、寒い時期など着られないことがありますので★2つです。 気分だけでなく、着用することでスタジアムが赤青に染まるので、選手の後押しにもなります。できるだけ、着用して応援したいものです。

今年こそ買いたい

店員さんにすすめられて、セーターなどの上にも無理なく着られるようにワンサイズ大きいXLを購入しました。夏場もタンクトップを下に着るので、ダボついていても大丈夫です。

ユニフォームは毎年デザインがかわります。残念ながら、レプリカユニフォームは10,000円以上するので、シーズン毎に買い替えるかどうかは悩みどころです。中島翔哉を超えるワクワクを与えてくれる選手が現れたら買おう、と決めてます。今年こそは。

実際どうかというと、スタジアムでは様々なユニフォームが見られます。感覚的には、半分くらいの人がそのシーズンのユニフォームを着てますが、残りは過去のものを着ています。別に恥ずかしいものではありません。逆に、仙台戦で阿部琢磨(2016-17在籍)の当時のユニフォームを着る方など見ると、お!と思います。

大抵持っていくもの(使わない場合も)

小さいレジャーシート ★★☆

去年もらった1畳弱(ケース付き)

観戦中、鞄や荷物を座席の下に置くことができますが、汚れが気になる方は持ってこられるといいと思います。雨の日などは屋根のある席でも濡れている場合があります。一畳以下の小さいサイズで十分です。

また、青赤パークで食事をする場合も、敷物があると便利です。ピクニック気分で、青空のもと地面に座って食べるご飯は格別です。

ちなみに、毎年観戦時に先着で写真のようなちょうどいいサイズのレジャーシートが配布されます。ホームゲームではこのようなグッズがたびたびプレゼントされます。嬉しいですね。

水筒 ★★☆

無印の水筒(ぐび飲みタイプ)

真夏だけでなく、天気がよければ4月頃から味スタはかなり暑くなります。秋でも直射日光に長時間さらされることがあります。熱射病予防のためにも、水筒を持参することをおすすめします。味スタは全席にカップホルダーがあるので、ペットボトルサイズだと都合がいいと思います。

僕は、保温できるタイプの水筒にコーヒーを入れて持っていきます。寒い時期にはほんとに助かります。

 Jリーグ選手名鑑 ★☆☆

名前の通り、J1からJ3までの全選手の情報が掲載されています。相手チームのことを知るのに役立つ本です。試合直前のアップ中に、注目選手を確認するのによく使います。

by Amazon

大きいサイズとハンディ版の2種類があります。持ち歩きしやすいハンディ版がおすすめです。また、サッカーダイジェスト版とエルゴラ版の2種類があります。内容は似ていますが、2018年は内容が濃かった(推定年棒が面白い)サッカーダイジェストを選びました。

でも、現地ではいろいろ忙しくて見る機会がなかったりするので★1つです。スマホでも調べられますしね。

フェイスタオル ★☆☆

タオルマフラで汗ぬぐうのはためらわれるので、大抵持って出かけます。あと、席を外すときにかけておくと目印になりますし、ちょっとした日よけ・防寒にもなります。一枚カバンに忍ばせておくと何かと役に立ちます。

レインコート(ポンチョ) ★☆☆

サッカーは、台風や雷でない限り、強い雨でも開催されます。 スタジアム内では、試合中の傘の使用は禁止されていますので、雨の日はレインコートが必要です。 僕のおすすめは、長めのポンチョタイプです。動き回るわけではないので、膝が濡れないような丈のものがいいでしょう。スタジアムでも買えます。青赤なのもあります。タオルは余分に一枚持っていきましょう。

味スタは、1Fスタンドの前方席には屋根がありません。雨が予想される日は早めに行って後方の席を確保しておいたほうがよいです。ただし、後方の席であっても、屋根は高いところにあるので、風がつよいと吹き込んできます。どの席で雨の日は雨具を持っていきましょう。

養生テープ

あからさまに、ダイソー

早い時間から並ぶ時には、レジャーシートと並んで必要なアイテムです。列整列したあとに、列から離れる際に、レジャーシートが飛ばないように固定します。また、テープの上に整理番号や名前を書くこともあります。油性マジックもあわせてどうぞ。

ガムテープはNG。簡単に剥がせる養生テープにしましょう。100均で手に入ります。

まとめ

試合観戦を快適にしてくれる、オススメのグッズを紹介しました。

家族や恋人を誘って来られる場合など、これらを持っているとあなたの株があがること間違いありません。リストを参考にして、スタジアム観戦を快適に楽しんでもらえたらと思います。

その瞬間を、スタジアムで。

いいねー! 1いいねー!されています。心に留まったらハートをクリックお願いします。励みになります!(ログイン不要/完全匿名)。
読み込み中...

関連記事

Leave a Comment