試合前に なにしよう?

試合自体の観戦もさることながら、試合前の時間を楽しんでいるサポーターも少なくはありません。試合前の過ごし方が試合観戦の満足度に影響する、という調査結果もあります。せっかく観戦するなら、試合前も最大限楽しみつくしましょう。

また、望みの席を確保したい場合、試合開始前よりも随分早くにスタジアムに到着する必要があります。「試合開始まで、時間あるけど何すればいいの?」と心配される方もおられるでしょう。

僕が試合前にやることを一つずつ紹介していきます。

  1. 席の確保
  2. 選手カードもらう
  3. 食事
  4. 観戦の準備
  5. トイレをすます
  6. グッズを買う(ひやかす)
いいねー!まだ0いいねー!です…心に留まったら、気軽にハートをクリックしてください。励みになります!(ログイン不要/完全匿名)
読み込み中...

席の確保

自由席チケットを購入された場合、まずは席を確保しましょう。入場したら、一目散に席へ。スタ飯やグッズ販売、時には愛らしいドロンパが誘惑してきますが、一旦無視して、何はともあれ席がなければ観戦できません。どの席で見るかについては、別記事「何時にいけばいい?」にて。

選手カードをもらう

クラブサポートメンバ新規入会受付

席を確保できたら、選手カードをもらいに行きます。ホーム戦では、毎試合選手カードをもらうことができます。コレクションアイテムな感じです。

選手カードをもらうには、クラブサポートメンバ(CSM)になる入会する必要があります。1口(1000円)から申し込めますが、2口(2000円)申し込むと、なんとタオルマフラーがもらえるうえに、自由席チケットが1枚もらえます。自由席は前売りでも2300円ですから、2回スタジアム観戦するなら確実にお得です。
クラブサポートメンバについては、また別の記事で。オフィシャル情報はこちら

食事する

スタジアム画像

食事も早めに済ませましょう。食事の選択肢は、

  1. コンコースのスタ飯を購入
  2. 赤青パークで購入
  3. 事前にスタジアム外で購入

です。

コンコースにも多数のテイクアウトのお店がありますが、スタジアムの東側のスペースで、多数のケータリングカー(出店)が並ぶ、東京名物「青赤パーク」が開催されます。試合ごとに相手チームにちなんだ出店があります。2019年のリニューアルで、種類も質も各段にあがりました。他のスタジアムと比べて、本格的な食事が提供されています。是非、一度青赤パークをのぞいてみてください。驚くこと受け合いです。どのお店も魅力的で、一つに決められないのが悩み事。

青赤パーク

他スタジアムでは、途中退場/再入場できない場合がありますが、味スタは再入場ができます。まず席を確保して、それから青赤パークを楽しむといいでしょう。スタジアムの座席で狭苦しくご飯食べるよりも、青空の下でゆっくり食べるのも気持ちいいですね。
なお、食べた後の容器やゴミをシートに放置するのはマナー違反です。コンコースにゴミ箱が多数あり、試合終了後にはゴミ袋をもったスタッフがいます。来たときよりも美しく。

FC東京はエコバスプロジェクトに取り組んでいます。ペットボトルの分別収集にご協力ください。

ECOパスプロジェクト

グッズ購入

コンコースにあるFC東京公式グッズのお店も覗いてみましょう。定番のレプリカユニフォームやタオルマフラをはじめとして、さまざまなグッズが販売されています。ほぼ毎試合登場する新商品をチェックするのも楽しみの一つ。

トイレを済ませる

出展:味スタ公式サイト

味スタには、トイレがたくさんあるのですが、いつも長蛇の列。10分以上かかることもあります。特にハーフタイムは意外と時間がありません。トイレでキックオフの笛を聞くことがないように、試合前に確実にすませましょう。お子さん連れの場合、試合途中で「トイレ!トイレ!」となってしまうと、他の観客にも迷惑をかけることになりますので、余裕のある時に行きましょう。寒い季節の観戦はつらいです。トイレ渋滞で「最後尾看板」も現れます。

ここで一つトイレに関するtipsを。

経験上、バックスタンド入り口付近の自由席付近のトイレが一番混雑します。階段上まで並んでいるときは、迷わず他のトイレに向かいましょう。図のとおり、トイレは多数用意されています。ビジター寄りが空いていることが多いので、少し遠くても「急がば回れ」です。

ちなみに、Jリーグライセンス規定によりスタジアムの評価がされていますが、味の素スタジアムはトイレ率において指摘されています(60%ルールで免除されています)。それもあって、19年度1Qをめどに味スタ改修が行われました。情報はこちら

ビジターサポーターを楽しむ

多くの場合、ビジターサポーターは敵地の不利を補うために、練習時間から熱い応援を始めます。迫力満点のビジターサポータの応援を見て、聞いて楽しむのも一つの時間の使い方です。

他のスタジアムと違い、味の素スタジアムはビジター席のコンコースとホーム席のコンコースを行き来することができます(チームグッズ着用している場合はNG)。

ビジターにとっては、コンコースの食事の選択肢が増えます。ホーム観戦者も、ビジターの雰囲気を見に行くという楽しみ方があります。遠征してきているのはコアなサポータです。熱いチームの雰囲気を味わうのもいいでしょう。

ただし、遠方からわざわざ来ていただいているお客様です。敵チームとはいえ、敬意をもって接しなくてはなりません。相手サポータが来てくれるので、スタジアムの雰囲気が盛り上がるのです。お互いの気持ちがぶつかり合う、応援の応酬がスタジアム観戦の楽しみのひとつです。

現実的にいえば、お客さんが増えれば、FC東京、味スタ、調布市の収入が増えて、より観戦が快適になるという恩恵も期待されます。ビジターサポは存分にもてなして、また来ていただけるようにいい気分で帰っていただきましょう。もちろん、試合の勝ちだけは譲れません。

まとめ

指定席でない限り、望みの席で観たい場合は早めに来場せざるを得ません。そのため、初めて来場される方は、試合までの時間が膨大にあるように思われるでしょうが、実際はあっという間です。恐れずに来てみてください。

それでも時間を持て余すようなら、再入場可能な利点を生かして、スタジアム内外を歩き回ってみてください。優秀なFC東京のスタッフが、来場者を楽しませようと、様々な工夫を凝らしてくれています。他にも、愛らしいマスコット”ドロンパ”や東京MXの公式応援番組「FCTokyo Colors」のナビゲータ、活躍中のYouTuber、試合に出場しない選手とのハイタッチ、そして クラブコミュニケーター (Cc)の石川直宏氏に出会えるかもしれません。観戦以外の楽しみがあなたを待っています。

このサイトも、皆さまの観戦を楽しむための情報を提供できるように、頑張っていきたいと思います。

その瞬間を、スタジアムで。

いいねー!まだ0いいねー!です…心に留まったら、気軽にハートをクリックしてください。励みになります!(ログイン不要/完全匿名)
読み込み中...

関連記事

Leave a Comment